1995年創業のヴィンテージ・アンティークウォッチ専門店 TEL:045-432-0738 営業時間:10:00-19:00(月曜定休日)

修理規約

1 総則

第1条(規約の適用・変更)
1. お客様は、本規約に同意の上、弊社に修理をご依頼頂きます。また、弊社に修理をご依頼頂いたときは、本規約に同意したものとみなします。
2. 本規約は、予告なく変更になることがあります。この場合、当該変更が周知されたときから、変更後の約款が適用されますので、お客様におかれてはこの点も予め同意頂きます。
3. お見積り時等に書面にて特記した事項がある場合は、その記載を優先します。
4. お客様が未成年者である場合は、親権者その他の法定代理人の同意を得た上で、本サービスをご利用下さい。

第2条(定義)
①修理:時計の修理、オーバーホール、電池交換をいいます。
②キャンセル:お客様が時計を弊社にお見積りに出されたが修理を依頼されない場合、または修理を依頼した後にこれを取り消すことをいいます。

2 修理の流れ

第3条(修理受付)
1. 当店にご来店頂いて、時計の状態(傷・変形・変色等)をお客様と一緒に確認をした上で、修理内容を確定していきます。
2. また、配送による時計修理のご依頼も承っております。その場合は、時計の状態(傷・変形・変色等)をお客様と一緒に確認できないため、弊社では受入時検品と発送前検品 を行い、修理前の状態と照らし合わせた上で不具合がないかを確認してから納品しております。
3. お客様より時計を梱包、お送りいただく際は、商品は破損等発生しないよう最善の方法での梱包をお願いしております。お客様より時計をお送りいただいた際に、明らかに 十分でない梱包状態であったり、梱包資材の強度等に問題があったりしたときは、時計 に破損が見られた場合でも、弊社での補償はいたしかねますのでご了承ください。また、箱等付属品も同様になりますので時計本体以外はお送りいただかないようお願いいた します。

第4条(お見積り)
1. 弊社では、原則として無料でお見積りを致します。但し、時計によっては弊社でお見積りすることができず、メーカー見積り(有料)になる場合があります。この場合のメーカー見積り料は、お客様が修理をキャンセルされた場合でも、お客様のご負担となります。
2. 弊社のお見積りの有効期間は、お見積り記載の日付から1カ月以内です。1カ月を過ぎても正式な修理のご依頼を頂けない場合は、自動的にキャンセル扱いとなります。

第5条(修理料金)
1. 修理料金の内訳は、技術料、部品代、お手数料等となります。ご承認いただいたお見積りに記載の金額をご請求させていただきます。
2. なお、分解掃除中や洗浄の後でないと発見されない不具合部位など、作業中に新たな不具合が見つかることがごく稀にございます。その場合は、作業を一旦中断して、当該不具合の修理に必要な追加料金及び延長後の納期見込みについて、追加修理のお見積書を発行致します。内容と金額にご納得いただきましたら、追加料金をご入金頂き、作業再開となります。
3. 追加修理のお見積りにご納得いただけない場合は、当初のお見積りの作業を継続するか、またはご依頼全体をキャンセルいただくかをご選択いただきます。後者の場合でも、当初お見積りの修理代金の100%を申し受けます。但し、追加見積時に、重要部品の交換が発生するときは、当初見積りのみでは受注できないので、弊社からご依頼全体 をキャンセルさせて頂きます。この場合は無料とし、お預かりした時計をご返却しますが、動作の保証等は一切できないことをご承知おきください。
4. 弊社では、修理は、基本的にお見積り、または追加のお見積りに記載の金額をご入金 頂いてから、着手致します。
5. お客様のご都合でキャンセルされた場合、弊社がお請けできない作業(第8条参照) にかかる時計の修理をご依頼された場合、お客様とご連絡が取れなくなったため時計 をご返却する場合など、通常の修理の過程から外れたことにより発生した送料は、お客様のご負担とさせていただきます。その他の場合は、お見積書をご参照ください。

第6条(時計のお渡し)
1. 時計のご返却方法は、お客さまのご来店によるお受け取り、またはご登録住所への配送とさせていただきます。ご来店の際は、修理伝票のお控え、またはご本人様確認書類をご提示くださいませ。これらのご提示なき場合、お時計はご返却できません。
2. 配送の場合は、ご依頼時にご登録頂いたご住所に発送します。配送物が宛先不明等により不着となった場合でも、その住所にあてて発送をしたことをもって、お客様へ返却したものとみなします。
3. 弊社は、適切な運送会社に運搬を依頼した時点で免責され、運送中に生じた破損について、弊社は責任を負わないものとします。運送中に生じた破損に対する補償は、運送会社に対してお問い合わせください。

3 修理に関する注意事項

第7条(修理日数)
1. 個々の修理内容の特殊性や、部品調達にかかる日数等の要因により、必要な修理日数は変動しますので、お見積り時に個別にお示し致します。
2. なお、通常のオーバーホールにかかる日数の目安は次の通りです(あくまで目安としてご理解ください)。
①ウォッチ 約1か月
②クロック(機械式) 約3か月
③クロック(クォーツ) 約 1か月

第8条(お請けできない作業)
1. 以下のような作業は、お請けできませんので、予めご了承ください。
①インターネットオークション等での販売を目的とした時計の修理
②弊社の判断においてコピー品・模造品・改造品と認められる時計の修理
③時計の真贋鑑定(正規品か否か)、価格鑑定(金銭的価値の鑑定)
2. コピー品・模造品・改造品か否かの判定は、弊社の基準によるものであり、メーカー の見解と異なることがあります。予めご了承ください。

第9条(修理の限界)
お見積もりにおいて修理可能と判断した場合であっても、修理進行上どうしても修理ができない場合があります。この場合、代金はいただきません。また、修理において は最善を尽くしますが、新品同様に復元することは不可能であることをご理解の上、修理をお申し込みください。

第10条(部品調達の限界)
1. 生産中止後相当の年数を経た時計の部品や、現行のものであっても部品によっては調達できないものなど、時計によって、部品の調達が困難なものがあります。他方、純正部品が入手できない場合でも、機械部品などでは、代替部品や新規に作成した部品で対応することが可能なこともございます。お見積り時には、これらの内容をご説明し、ご納得いただいた方法で修理を行います。もし、修理が技術的に困難な場合、またはお客様のご要望に沿う修理に対応できない場合は、理由をご説明した上で、時計をご返却させていただきます。
2. 稀に、修理中に、経年劣化による部品の破損が生じ、必要な部品も調達できないため、 完成品として時計をお返しできないことがございます。お客様におかれては、一定の特殊な時計においては、このような状況が生じることをご承知いただいた上で、修理をご依頼頂きます。なお、この場合でも、修理代金のご返金はできませんので、予めご了承下さい。

第11条(部品)
1. 交換した部品は、原則お客様に返却させていただきます。
2. 但し、時計によっては、部品の調達条件として部品をメーカー下取りに出す必要があるなど、修理内容等によっては返却できない場合もございますので、部品返却をご希望の際は、修理進行前にお申し出ください。

第12条(時計の精度)
修理にあたっては、時計の誤差を日差±15 秒以内に収めておりますが、修理依頼時に当該日差があった場合、いかなる修理をしても日差を±15 秒以内にできない場合がありますのでご了承ください。

第13条(文字盤・ベルトなど)
お預かりしている最中に、劣化、腐食、損傷、錆、剥離がすすみ、お預かりしている時計(文字盤、付属品含む)を元の状態に戻せない場合がございます。また、作業にあた っては細心の注意を払っておりますが、適切に取り扱いをしていても修理作業中にや むを得ず時計に傷、破損が生じてしまう場合がございます。このため、弊社は、文字盤 の剥離、ヒビなど、ベルトの亀裂や破損、部品等の外装状態を元の状態に戻すことについて、一切責任を負わないものとします。

第14条(キズ・シミ)
弊社では、当店に時計が到着した後、時計の外装部分の状態を写真撮影しています。但し、小さなキズ・シミ等は、撮影の際の光の角度によって写真に残らない場合があるなど、全ての状態を完全に記録できるというわけではございません。微細な傷を気にされる方につきましてはメーカーへお持込下さい。

第15条(外装の仕上げ)
弊社の外装の仕上げは、お客様のご要望に応じて、ライトポリッシュ、フルポリッシュ又は洗浄のみのいずれかを適用します。なお、フルポリッシュをしても深い傷や変色等は残ることがございますので、予めご了承ください。また、文字盤のシミ等を除去することはできません。外装部品の交換・再生及び仕上げに関して、ご要望がありましたら、修理進行前にお申し出ください。

第16条(重故障状態の時計の修理について)
1. アンティーク、落下や冠水による故障、部品の著しい損傷、電池液漏れ、基盤腐食等重故障状態の時計については、修理しても動かないままである可能性及び動いたとしても数週間で止まる可能性があるため、修理がお請けできなかったり、修理保証が短くなったり、修理保証をつけられない場合があります。
2. 時計が動かず、修理ができなかった場合、修理代金はいただきません。
3. 修理によって時計が動くようになったものの、再び動かなくなったときは、再修理を致しますが、重故障の場合には保証をお付けできないため、再修理は有料となります。
4. 再修理によって時計が動かないままであるときには、再修理の修理代金はいただきません。この場合、既にいただいている初回の修理の修理代金は返還いたしません。
5. 見積もり依頼時に落下や冠水、電池液漏れ等重故障に関する事実のご報告がなかった場合、当初のお見積りを破棄し、新たに保証なしでのお見積りをさせていただく場合があります。この場合において、キャンセルすることはできません。

第17条(水入りの時計の修理)
内部に水が入ってしまった時計を修理する場合、乾燥・オーバーホールの作業中に、文字盤のさびや変色が進行したり、腐食が進み出てきたり、字・柄等が消えてしまったりすることがありますので、予めご了承ください。

第18条(メーカー取次修理)
メーカーでの修理をお取次ぎする場合、メーカーの見積金額とは別途、お手数料を申し受けます。お見積り、修理内容、保証期間、保障内容につきましては、全て代理店の基準になりますので、弊社では修理保証を致しません。

4 修理の保証と補償

第19条(再修理保証)
1. 修理完了後に修理内容と同一の箇所に同一の不具合が発生した場合、無償で修理させていただきます。修理の保証期間は、完成のご連絡日から原則6ヶ月です。なお、アンティーク時計の保証期間は、原則3ヶ月となります。但し、部品不具合があった場合の交換部品代はお客様のご負担となります。
2. 時計の構造や状態(サビ、腐食、損壊等)、パーツ入手事情により、保証期間が短くなったり、保証がつけられない場合があります。但し、保証期間内であっても、交換に必要な部品が調達できない場合は、修理不可として返却させていただくことがございます。
3. お客様は、修理が完了した時計をお受け取りになった後、時計に破損、傷、品違い等 の不具合がないかをご確認いただき、不具合を発見した場合は、直ちに、弊社に対して ご連絡ください。但し、修理によって発生した不具合に限ります。
4. 再修理保証による再修理は、保証期間中に弊社に時計が到着した場合のみ有効です。また、再修理保証はお申込者ご本人様からのご依頼のみ、有効となります。

第20条(保証対象外)
以下のものは、保証対象外であり、保証期間であっても有償となります。

①修理時に交換していない部品を原因とする故障:修理時に交換した部品以外の箇 所を原因とする故障は、保証対象外です。ゼンマイ・回路・コイル等も修理時に交 換していない場合は保証対象外となります。ゼンマイは、切れていたり、劣化して 弱っていたり、変形やヒビが見られない限りオーバーホール時に交換いたしませんが、寿命を計ることができない部品のため、突然切れてしまうことがあります。オーバーホール後の保証期間内に、ゼンマイ切れが発生した場合、取付工賃は無償とさせていただきますが、部品代のみ頂戴致しますので、予めご了承下さい。(注: ゼンマイ切れが原因で、歯車などの部品に破損が生じ、交換が必要となる場合や、 オーバーホールが必要となる場合があります。その場合、すべての作業、部品代は 有償となります(再見積り)。
②精度:機械式時計に関しては、原則日差±15 秒以内を計測値ベースで精度調速し ておりますが、アンティーク品などどうしても±15 秒以内に収まらない場合もあ ります。 全ての時計が日差±15 秒以内に収まるのを保証するものではございません。そのため、当店は時計の精度に関しまして一切の責任を負わないものと致します。
③防水性:防水性の保証はできませんので、修理後に、内部に水が入ったことで生じ た不具合についても、保証対象外となります。
④キズ:ベルト、ブレスレット、リューズ、プッシュボタン、ガラス、ベゼル、文字 盤等の外装部品に関する不具合は保証対象外です。
⑤天変地異:火災、地震、風水害、落雷等の天災による故障、損傷、紛失、滅失は保証対象外です。
⑥使用方法:落下等によって生じた症状及び損傷など、通常の使用ではない使用方法による故障及び損傷は、保証対象外です。
⑦感覚的な問題に起因するご指摘:お客様のご納得のいかない故障内容が、計測機器等により数値として客観的に異常を確認できるものではない場合(傷、汚れの程度、精度等、いわゆる感覚的な問題に起因する場合)、弊社の保証対象外となります。
⑧電池交換:電池交換のみの場合は、交換後の動作不具合に関する保証は一切出来ません。電池交換後に止まりや遅れ、早めに電池が切れるといったケースが発生することがございますが、これには、電子部品(回路やコイル)や歯車などの部品の不 具合や、磁気帯び、または、クォーツ時計の駆動箇所にも油が差してあるため潤滑 油の乾燥・劣化が原因となるなど、様々な原因が考えられます。電池交換した時計 に不具合が発生した場合、オーバーホール・修理(要お見積もり)が必要になります。
⑨重度の故障:重度の故障がある時計を修理した場合には、保証対象外とさせて頂きます。
⑩別異の原因:症状が同じでも故障箇所が異なる場合は保証対象外です。
⑪第三者の加工:第三者による改造・修理が原因で発生したと思われる故障・破損は保証対象外です。
⑫配送中の事故:配送業者による配送中の事故等については、弊社は、いかなる責任も負わないものとします。

第21条(防水性についての特記事項)
1. オーバーホールには、個々の規定に基づく防水性能の復元を目的とした作業が含まれますが、経年劣化等により復元できず、非防水になることがあります。防水性に条件がある場合は、必ず修理進行前にお伝えください。
2. また、修理完了時にエアー加圧により防水性能の簡易試験を行います。5気圧以上の防水は5気圧まで、防水気圧の明記がない時計は3気圧までの検査となります。但し、 今後のご使用中における防水性能は保証の対象外となります。また、保証期間内であっても、内部に水が入ったことによる不具合の再修理は保証対象外となりますので、あらかじめご了承ください。

【ダイバーズモデル等の高い防水機能を備えた時計について】
防水性能は、経年と共に衰えていきます。また、高度な防水機能の試験は、特殊な機器 を用いて、いくつもの工程により確認する必要が有りますが、弊社では簡易的な防水試験機での確認となりますので、厳密な防水機能の保証は出来かねます。ダイビングなど で使用しており、確実な防水保証が必要な場合は、メーカーにご相談されることをお勧めいたします。

【アンティーク時計の防水保証について】
アンティーク時計は、ガラス(風防)、リューズ、裏蓋など経年による劣化により、本 来の防水性能を維持することが難しい為、アンティーク時計につきましては、一切防水 保証は出来ません。

【防水保証不可の時計について】
防水保証不可とさせていただいた時計は、水入り、汗や湿気の混入など、水分が原因の 不具合につきましては、保証期間内であっても、保証対象外とさせて頂きます。

第22条(補償)
1. 弊社の過失によって破損・不具合が生じた場合は、原則として修理対応とさせていただきます。
2. 修理での対応が出来ない場合には、その商品の購入価格ではなく減価償却後の残存価格または現在市販されている同等品の価格のいずれか低い方の価格を基準とし、その補償価格は上限を 10 万円までとします。

5 キャンセルについて

第23条(キャンセル)
【お見積りご提示後のキャンセルについて】
着払いでご返送させていただきます。

<キャンセルにあたっての一般的注意事項>
時計の状態を確認するため、分解している場合は、組上げるお時間が必要になります。 修理をキャンセル(修理不可を含む)した時計に関して、弊社がお預かりする前の時計の状態と違う(不具合・動作停止を含む)ことについて、弊社は一切責任を負わないも のとします。また必ずしも元の時計の状態で必ずしもご返却出来ない場合がございます。

<複雑時計やアンティーク時計のキャンセルについて>
複雑機構の時計やアンティーク時計の見積りは、大変神経を使う為、一般的な時計の修理を数本行える程の時間を費やすことがあります。この為、複雑時計やアンティーク時計については、キャンセル料をご請求させていただくことがございます。

<メーカー修理(見積り)のキャンセルについて>
一部のメーカーでは、見積りの提示後にキャンセルすると、見積り料を請求されるこ とがあります。この為、メーカー修理の時計については、キャンセル料をご請求させていただくことがございます。

【進行のご指示を頂いた後のキャンセルについて】
進行のご指示を頂くと、直ちに作業に入るため基本的にキャンセルはお受けできません。お客様のご都合によりどうしてもキャンセルされる場合は、時計の状態の保証は出来ません。また、キャンセル料としてお見積り金額の全額を請求させていただきます。

第24条(お客様とご連絡が取れなくなった場合)
1. お見積り発行日から1カ月を経過してもご連絡がない場合は、お客様は修理をキャンセルされたものとして扱い、弊社は時計をお客様に返却します。

2. お客様から修理開始のご指示を頂いて修理中に、追加の修理箇所が発見され、追加のお見積りを発行したときで、そのお見積り日から1カ月が経過してもご連絡がない場合、弊社は、当初ご依頼いただいた修理箇所のみについて修理を進行させます。但し、 追加修理に、重要部品の交換が必要なときは、自動的にご依頼全体がキャンセルされたものとしますが、修理代金等は頂戴致します。また、動作の保証等は一切できないことをご承知おきください。

3. キャンセル日または修理完了日のいずれかの日(以下「本起算日」といいます)から6ヶ月間は、お客様とご連絡が取れなくなった場合でも、弊社にて時計を保管します。 但し、時計の状態の変化等について、本起算日から3ヶ月経過後は、弊社は一切責任を負いませんのでご了承ください。また、本起算日から1年を経過してもお引取りがない場合は、お客様は予め所有権を放棄することにご同意頂くこととし、この場合は弊社にて時計を適宜処分等することができるものとします。

4. お客様とご連絡が取れなくなったことにより時計をお客様に返却するときは、送料はお客様負担とさせていただきます。

6 一般条項

第25条(解除、損害賠償)
弊社またはお客様が本規約に違反をし、相当期間を定めて催告しても改善がなされない場合は、弊社またはお客様は、相手方に対し、ご契約を解除することができます。また、損害賠償の請求を妨げられません。

第26条(免責事項)
1. 弊社ではいかなる場合にも、お客様の逸失利益、特別な事情から生じた損害及び第三者からお客様になされた賠償請求に基づく損害について、責任を負いません。インターネット上のトラブル、E-mailの送信不良、及びそれに伴う損害等についても、何らの責任を負わないものとします。
2. また、次の事由による修理品の滅失・毀損で発生した損害について、弊社は損害賠償の責任を負いません。
・社会的騒擾その他の事変または強盗
・不可抗力による火災
・予見できない異常な交通障害・地震、津波、高潮、大水、暴風雨、地すべり、山崩れ、台風その他の天災・法令または公権力の発動による運送の差止め、開封、没収、差押えまたは第三者への引渡し
3. 天災、システムトラブル、その他予期せぬ事態により配送が遅延することがありますが、これにより直接的及び間接的にお客様または第三者に発生した損害について、弊社はいかなる責任も負わないものとします。

第27条(誠実協議等)
1. 本規約により解決できない問題が生じた場合は、弊社とお客様は双方誠意をもって話し合い、これを解決するものとします。
2. 本規約は日本法を準拠法とし、訴訟の必要が生じた場合は、訴額に応じて、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

Top