Fire Kidsについて

FIRE KIDSの想い

ファイアーキッズは、1995年に時計好きの初代店長・鈴木が横浜の白楽で創業した、ヴィンテージ・アンティークウォッチ専門の時計店です。四半世紀の間、日々愚直にお客様や時計と向き合うことで、ありがたいことに老舗時計店と言われるようになりました。2022年からは、大の時計好きでアンティーク時計のエキスパートでもある二代目店長・野村にバトンが引き継がれ、お店が新しく生まれ変わりました。1900年代前半の古き良きヨーロッパの時計屋をイメージして内装を大幅リニューアルし、チームメンバーも増え、品揃えも一層充実させました。

当店では、1940年代から2000年頃の腕時計を中心に扱っています。古い時代の時計ですから、すべてが一点物になります。ファイアーキッズの自慢は、普段店舗には出ていない裏方も含めて「チームメンバーが全員時計好きである」ということです。そんなスタッフ達が、「高品質なヴィンテージ・アンテーク時計をリーズナブルな価格でお届けしたい」という想いを持って、一点物の時計の中から、お客様にピッタリの一本をお探しさせていただきます。精度測定や磁気抜きの無料サービスや、修理のご相談・受付なども行わっておりますので、ぜひお気軽に、お問い合わせ・ご来店くださいね。また、インスタグラムやTwitter、Facebookで新着商品の発信も行っていますので、ぜひご登録お願いします。

 

FIRE KIDSの想い

内観
外観
店舗住所 〒221-0802
神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-10-12
電話番号 045-432-0738
営業時間 11:00-19:00
定休日 水曜日
夏季休暇:8/13(土)~8/16(火)
年末年始:12/28(水)~1/4(水)
会社名 株式会社ファイアーキッズ
店舗責任者 野村 一成
創業年 1995年
主要取引先銀行 りそな銀行 池袋支店
みずほ銀行 渋谷支店
お問い合わせ お問い合わせはこちら
アクセス 東急東横線 白楽駅
渋谷から27分   横浜から5分

【道順】
白楽駅西口に出ていただくと左手が六角橋商店街大通りの緩やかな下り坂となっておりますので、そのままお進みください。
当店は大通りの一本裏側にある仲見世通りにございます。
判りにくい場合にはお近くで電話を下されば、ご案内をさせていただきます。

白楽駅西口から徒歩3分

提携駐車場から徒歩2分

メンバー紹介

鈴木 雄士(Yuji Suzuki)

顧問

ファイアーキッズの創業者。時計や洋服、車など、昔から古いもの好きで、サラリーマンをしながらフリーマーケットで時計や洋服などの販売を行っていたところ、持ち前の商才を発揮して本業の月収を超えたため脱サラしてお店の開店を決意。1995年に横浜の白楽にてファイアーキッズを創業し、以来白楽にて四半世紀以上にわたり、創業オーナー兼店長としてお店に立ち続ける。2022年に、二代目店長にお店の運営をバトンタッチして顧問に就任。引き続き店舗での接客・販売を行う。趣味は古い車とバイクに鉱物採集。好きな時計はアンティークロレックスとヴィンテージクロノにダイバーウォッチ。

野村 一成(Kazunari Nomura)

店長

ファイアーキッズの二代目店長。高校時代からアンティーク時計の魅力に目覚め、趣味として時計の収集や研究を行う。卒業後は大手ディスカウントストアに就職してフロア責任者を務めるが、アンティーク時計店「スイートロード」の創業オーナーから誘われて同社に転職を決意。11年にわたりアンティーク時計の仕入れや販売を行い、三代目店長も務める。退職後は独立してアンティーク時計のディーラーを行っていたが、旧知の中であったファイアーキッズ創業者の鈴木に声をかけられて、ファイアーキッズの二代目店長就任を決意する。趣味は時計。好きな時計は書ききれません。

藤井 翔(Sho Fujii)

副店長

ファイアーキッズの副店長・時計技術者。ヒコ・みづのジュエリーカレッジ・ウォッチメーカーコース卒業。小さい頃から機械が好きで、高校卒業後にガラスメーカーに就職して機械のメンテナンスなどを担当。同社の工場撤退を機に、「より繊細で緻密な機械を扱ってみたい」という想いから、時計学校の「ヒコ・みづの」に入学。卒業後は、在学中からアルバイトをしていたファイアーキッズにそのまま入社し、販売と技術の両面に携わる。2022年からは副店長に就任し、時計技術者としての知識や技術を活かしながら接客や販売に注力している。趣味は散歩。好きな時計はロンジン、モバード、ティソ、ミドー。

松浦 祐二郎(Yujiro Matsuura)

新店プロジェクトリーダー

大学在学中にフリーマーケットで購入したアンティークウォッチをきっかけに、時計に興味を持ち始める。20代に約1年半バックパッカーとして、ユーラシア大陸を横断して見識を深めたのち、大学時代から出入りしていたアンティークウォッチ店のオーナーに誘われ、アンティークウォッチ業界へ。その後ブランドリサイクル業界に転身し、仕入れ販売、店舗マネジメントに従事。現店長である野村より誘いを受けて、再度アンティークウォッチ業界へ復帰を決意する。趣味は料理。好きな時計は雰囲気のある時計は大体。

中根 啓太(Keita Nakane)

管理部

ファイアーキッズのHP管理・撮影・総務を担当。理系の大学を卒業後、機械エンジニアとして就職。その後、歯科技工士学校に通い転身するが、ファイアーキッズで働いていた知人に誘われ、機械式時計に興味を持って転職を決意。ファイアーキッズを支える裏方として、管理部門の仕事を一手に引き受ける。日々入荷する新商品のHPアップ作業に加え、新商品情報をいち早くお客様にお届けするために、インスタグラムやTwitter、Facebookの運用などを担当している。趣味は料理、特撮。好きな時計はロレックス青サブ。

藤井 克彦(Katsuhiko Fujii)

販売スタッフ

ファイアーキッズのウェブ・SNS業務を担当。大学卒業後はいくつかの職を経験し、その後役者に転身。先輩役者の影響でアンティーク時計に興味を持ち、アンティーク時計店でのアルバイトを経てファイアーキッズに入社。昔から古いものが好きで、特に1950~80年代という時代そのものが好き。趣味はエレキギター、古い日本映画鑑賞、ブロック塀。松田優作がCMで着用していたデイトナRef.6263を手に入れるのが夢。好きな時計はロレックス・デイデイト、オメガ・スピードマスター2nd。

中田 智晃(Tomoaki Nakata)

マーケティングアドバイザー

中田商店(株) 代表取締役。ファイアーキッズでは、マーケティング・PR全般を担当。大学卒業後、大手出版社に入社。その後、大手外資出版社、複数の企業役員、代表を経て独立。若い頃からファッションに関心があり、懐中時計を求めて20代の頃にファイアーキッズに出会ったことから時計に強い関心を持つようになる。以来、創業者・鈴木とは公私ともに、深く長い付き合いを重ねる。二代目店長へのバトンタッチを機に、新生ファイアーキッズを応援すべく、マーケティングアドバイザーに就任する。趣味は車、時計、体を動かすこと。好きな時計はROLEX。

福留 亮司(Ryoji Fukutome)

編集長

編集者・ライター。ファッション誌の編集に携わり、「エスクァイア日本版」副編集長を経てフリーに。2011年には「GQ Japan」シニアエディターを務める。毎年スイスのジュネーブ・バーゼルで開催される時計の見本市に参加。時計ブランドの本社や工房を取材することも多く、ブランドが持つ文化や時計の魅力についてをメディアに寄稿している。趣味はゴルフ。好きな時計はヴァシュロン・コンスタンタン『パトリモニー』、カルティエ『タンク アメリカン』、ユンハンス『マックスヴィル』シリーズなど。

鈴木 文彦(Fumihiko Suzuki)

ライター

東京都出身。フランス パリ第四大学の博士課程にて、19世紀フランス文学を研究。翻訳家、ライターとしても活動し、帰国後は、編集のほか、食品のマーケティングにも携わる。2017年より、ワインと食のライフスタイル誌『WINE WHAT』を出版するLUFTメディアコミュニケーションの代表取締役。2021年に独立し、現在はビジネス系ライフスタイルメディア『JBpress autogorah』の編集長を務める。趣味はワインとパソコンいじり。好きな時計はセイコー ブラックボーイこと『SKX007』。

領家 航(Wataru Ryoke)

ウェブアドバイザー

RFA digital brains(株)代表取締役。ファイアーキッズでは、ホームページの制作や管理、デジタルマーケティングを担当。大学卒業後、GMOインターネットの新卒第一期性として入社した後に現在の会社を創業し、デジタル領域に携わること20年超。新卒入社前の内定者研修で先輩が付けていたROLEXに心を奪われ、入社日の前日、オイスターパーペチュアルデイトを30回ローンにて購入。その後ビジネスの節目節目で時計を買い続けている。趣味は車、時計、ワイン、スキー。好きな時計はROLEX、Breguet。

Top